ファーコス薬局で働く薬剤師の年収はいくらなのか?調べて見ました

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回はファーコスの給与や年収についての記事ですね^^
では見ていきましょう。

さっそく本題、ファーコス薬局の年収はいくら!

さっそく本題のファーコスの年収をみていきましょうか!
まず、ファーコス薬局に新卒で入社した薬剤師の月給与は254,000円-324,000円です。

この額面は、薬剤師手当などの諸手当込みの額となっていますね。

薬剤師は、基本給の他に国家試験を通っている分の薬剤師手当が毎月支給されます。

ここで254,000円から324,000円と差が生じているのは住宅手当や地域手当など差が生じる手当も含んだ額だからですね。
今回していく想定年収計算では、この差を加味した形でだしていきます!

ではいよいよ年収を計算していきます。
賞与を含めて計算していきます。
平均的に賞与・ボーナスはは3ヶ月ですので、15ヶ月分として計算してみます。

254,000円 ~ 324,000 × 15ヶ月 = 381万円 ~ 486万円

これは厳密な数字ではないのであくまで目安だと思ってください。

とまあファーコス薬局の年収は360万円〜450万円といったところですね。
手当によってここまで変わってくるんですね。

中途の場合は経験によって左右されるので、もう少し振れ幅があって
経験によって月給与が383,000円まで上がってきます。

新卒同様に下限は月254,000円となっています。
ボーナスが3ヶ月分は3ヶ月分ですので、

254,000円 ~ 383,000 × 15ヶ月 = 381万円 ~ 574.5万円

年収は中途で経験にもよりますが、575万円くらいになりますね。

中途で経験豊富と判断されればかなり高い年収になりそうですが、判断基準は公開されていないので不明ではありますね…。
ただ、まあまあな水準の年収は期待できそうですね^^

他の薬局と年収を比較してみる。

薬剤師の平均年収は550万円です(厚生労働省調べ)。

ファーコス薬局の年収は、先ほど計算したように経験豊富な薬剤師が中途中途で採用された場合だと550万円を越す年収で働くことができますので、ほぼほぼ平均値といったところでしょうか。

550万円の額面年収だと、約410万円が手取りになりますね。
ボーナス含め、単純に月割りで考えると

410万円 ÷ 15ヶ月 = 27.3万円

となるので、毎月27.3万円を使える計算になりますね。
そしてボーナスの時期に3ヶ月分の82万円が配分される形になりますね^^

27万円となると、高くて8万円くらいの部屋を借りて生活することになりますね。
正直なところ、経験豊富な30代半ばの薬剤師が8万円の部屋で生活するって言われるとなんだか不満が浮かんできますね…。

額面で見るとなかなかいい年収なのかと思いきや、手取りを計算してみて実際の生活水準をイメージして見ると、疑問が残ります…。笑

大きな企業であるファーコス薬局ですが、年収は満足いくような額ではないように感じますね。

どうせだったらもうちょっとお金かせぎたい…

年収を上げたいのならばファーコス薬局ではなく、他を検討した方が懸命です。
というのも、やはり年収は並程度だからですね。

実は、ちゃんと検索してみると年収の高い求人なんてたくさんあります。
たとえば、年収700万円であるとか、年収800万円であるとかですね^^

確かに特別なスキルがないといけないものもありますが、ほぼ未経験の資格を持っているだけの薬剤師でも働ける、高年収の求人も数は少ないですが、存在しています

自分の能力を卑下せずに、希望する年収、時給でしっかり検索してみると案外掘り出し物のような求人に出会えるものですよ。

しかし、普通の求人情報サイトでは『良い』求人の数が少ないです。

ネットに載ってない非公開求人を掲載している求人サイトというものが世の中には存在しているので、そこから会員登録して求人を探して見るといい求人が見つかるかと思います。

以下にリンクのバナーを貼っておくので気になった方は見て見てください。

オススメの記事

川崎、溝の口の灰吹屋薬局の評判や職場環境を調べてみた

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回は灰吹屋薬局の評判や職場環境についての記事ですね^^
では、いってみましょう。

実際のところ灰吹屋の評判はどうなの??

せっかくなので、少し灰吹屋薬局の企業概要についてさらっておきましょう。

実は灰吹屋薬局の歴史は長くて、江戸時代から250年も続いている薬屋さんなんですね。
溝の口、川崎のあたりに店舗を展開しています。

調剤薬局以外にも、ドラッグストア運営や、フィットネスジムの運営も事業として行なっている企業です。

企業の売り上げや従業員数は多くはなく、会社の規模はあんまり大きくはないけど、『灰吹屋薬局』は歴史があってネームバリューもあって経営基盤もしっかりしています。

なによりも地元に根ざしているからかかりつけ薬局として、患者からの評判は上々ですね^^

では実際に働いている薬剤師からの評判についてみていきましょう。

灰吹屋での薬剤師の仕事内容は、

『医薬分業の発展により、点分業から面分業に移り変わっている中、会話を大切にした服薬指導を中心とした保険調剤業務。』

となっています。

少子高齢化や、ドラッグストア等の乱立によって供給過多になりつつある薬局業界の中で、灰吹屋薬局では『会話を大切にした服薬指導』をあえて職務内容として記載しています。

灰吹屋薬局の地域根ざして、地域に支えられてきたからこそ250年間にわたって経営を続けてくることができたという、地域のかかりつけ薬局として還元していこうといった心意気がこの少しの文章からも感じ取ることができますね。

服薬指導はどうしてもマニュアル的になってしまいがちです。

しかし、本当の服薬指導は会話の中から患者である独り身の高齢者などのいつもとの違いを読み取って適切に指導していくことに尽きます。

処方箋からのみではかかりつけ薬局として完璧なサービスができるか?といったらそうではないですからね^^

灰吹屋薬局ならではの、今後高齢化が進んでいく中で重視される薬剤師としてのスキルを磨くことができそうですね。

灰吹屋の福利厚生はどんなのがあるか?

では、福利厚生についてもみていきましょう。

まず交通費はもちろん全額支給ですね。笑
これはないと本当困ります。

そして、管理薬剤師など資格を取得した際も毎月の給与に手当として上乗せになります。
他にも役職がついた際、精勤についても手当がつきますね^^

なによりも生活費を圧迫する家賃ですが、これも住宅手当が出ますのでいくらか軽減することができます。

あまり規模の大きくない薬局では珍しい住宅手当ですが、灰吹屋ではしっかり手当として従業員に還元してくれていて従業員想いな企業であることが分かりますね。

灰吹屋薬局は地域からも、働く薬剤師からも評判がいい企業であると分かりますね^^

ちなみに灰吹屋の年収は?

灰吹屋で働くのを検討しているなら当然気になるのは年収ですよね?
はい、もちろん紹介してきますよ^^

初年度の年収は4286,000円になります。
内訳ですが、

ボーナスが4ヶ月分出ると仮定して、

基本給218,000 × 16ヶ月 + 薬剤師手当65,000 × 12ヶ月 = 4268,000

とざっとこんな感じですね。

初年度で400万円を超えるのであれば、薬剤師手当以外の手当や昇給も含めればすぐに年収500万円くらいになら到達できそうですね^^

薬剤師全体の平均年収が550万円なので、少し低いくらいですね。
灰吹屋の年収自体はまずまずといったところでしょう。

いい職場を選ぶポイントを紹介

せっかく職場選ぶなら、給料も良くて職場環境もいいところが良いですよね?

であれば、しっかりとネットで調べて職場や労働条件の記載をしっかりと比較検討してみることが大事です。

また給料はネットで比較しながら探すと同じスキル、同じ能力の薬剤師を募集しているのに年収で100万くらい差がある場合がよくあります

近所で有名だから、といった理由で安直に職場を決めるのではなく、しっかりと検討してみないと損をすることが良くあるので、まずはネットで探して見ることをおすすめします。

このバナーから僕のおすすめの求人サイトにとべるので一度のぞいてみてください。

おすすめの記事

溝の口や南武線沿いの灰吹屋薬局の年収を調べてみました!

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回は灰吹屋薬局の給与や年収についての記事ですね^^
では見ていきましょう。

ずばり灰吹屋薬局の年収はずばり!

さあ勿体ぶっても仕方ないので、いきなり本題から入っていきましょう。

灰吹屋薬局では月給として、283,000円を支給されます。
この額は薬剤師手当の65,000円を含めた額となっています。
ということなので、基本給は218,000円ですね^^

そして賞与、ボーナスは春秋の年2回で合計4ヶ月分と考えると、年収は、、、

218,000 × 16ヶ月 + 65,000 × 12ヶ月 = 4268,000

ということで年収は4268,000円になります。

調べてみて老舗ということもあって、なかなかの年収で驚きました!
はじめから安定して高い水準で給与をもらえるのはありがたいですね^^

手当も充実していて、管理薬剤師などの資格手当住宅家賃への手当、しっかり働いていれば精勤手当、昇進していけば役職手当など、それぞれに応じて手当が付与されます。

いくらの手当であるか詳細は公表されていませんが、相応の手当が付与されるでしょう。

もちろん交通費は全額支給ですね。

最低限付与される、住宅手当と管理薬剤師等の資格を持っていれば早い段階で年収500万円に到達することはできそうですね^^

薬剤師の平均年収と比較すると灰吹屋薬局は高い?

灰吹屋薬局の年収を見てみましたがいかがでしたか?
割と勤務し始めの段階から高い水準の年収を約束されている感がありましたね!

では、次は他の薬局と比較してみて客観的に年収を評価していきましょう。

厚生労働省によると薬剤師の平均年収550万円と調査結果がでています。

まあ平均ですので、30代後半くらいで到達する年収になりますね。
灰吹屋薬局であれば、昇給スピードにもよるかと思いますが、薬剤師の平均年収とはとんとんくらいまでは上がるかと思います。

というのも、やはり初年度の時期からかなりの水準で給料を得られるので今後の昇給にも期待できるでしょうね^^
普通は初めは年収300万円台後半からってことがほとんどです。

灰吹屋薬局であれば給与面の心配はしなくてもいいでしょう。

溝の口や、南武線沿いでおすすめの職場は?

灰吹屋薬局を検討しているということは南武線沿いや溝の口のあたりで求人を探しているのですかね?

もし年収を重視して求人を探しているのであれば、灰吹屋は老舗ですので地盤や経営も安定してはいますが、今よりも給料を上げるのは難しいかもしれません。

散歩していて目についた近所の薬局の求人を探すのもいいですが、ネットで付近の薬局を調べて見ることをおすすめします。

というのも、南武線沿いであれば灰吹屋よりも時給でいって500円や1000円高い求人も多数見つかるからです。
もしフルタイムで働くのであれば、時給がたった500円の違いでも

時給500円 × 1日8時間 × 240日 = 96万円

実は年間で96万円もの差が生まれてきます。
時給1000円の違いなら200万円近くの差が生まれてしまいます。

職場選びの段階で、しっかりと職場環境や給与を調べておくことで損を減らすことができるのでしっかりチェックしておきましょう。

同じ薬局でも給料に違いがある場合もあるので、高年収求人情報を掲載しているサイトをチェックしておくことをおすすめします。

僕のおすすめは以下のサイトです。
一度見てみてください^^

おすすめの記事

阪神調剤薬局で働く薬剤師の評判や職場環境を調べてみた!

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回は阪神調剤薬局の評判や職場環境についての記事ですね^^
では、いってみましょう。

実際のところ阪神調剤薬局の評判はどうなの??

とまあ本題に入る前に少し阪神調剤薬局の企業概要をさらっておきましょうか。
阪神調剤薬局は40周年を迎えた、歴史のある大きな企業です。

店舗数も関西中心に451店舗展開していて、従業員数も2047人と文句なしの大きな企業体ですね。

それに毎年100人の薬剤師を新卒で採用しているのも安定した経営基盤があるからこそだと分かります^^

事業は薬剤関連を核に複数事業を手がけています。

大きな企業だとどんな事業範囲までカバーしているのか分からないまま仕事をしていると、合コンとか自分の勤め先を説明するときに困ってしまうので、これもさらっとおさらいしておきましょう。笑

まずは保険薬局チェーン。さきほど触れたように、全国展開の薬局ですね。
医薬品等の共同購入事業介護福祉領域などにも手を伸ばしています。
そして、あまり知られていませんが人材紹介・派遣事業不動産管理事業等も行っています。

広く事業を展開することができるのも大きな企業である強みですね。
事業の多角化は、景気が悪くなってもどれかしらの事業がうまくいっていればある程度売り上げは立つので、企業の安定性にもつながってきますからね。

そしたら、さっそく評判を見ていきましょう。

福利厚生や、阪神調剤薬局が公表している数字データから評判を紐解いていきましょう。

まずは福利厚生ですね。

各種保険、借り上げ社宅、福利厚生サービス、ディズニーリゾートコーポレートプログラム

以上のメニューが揃っていますね。
特徴的なのが、ディズニーリゾートのコーポレートプログラムです。これに加入している薬局はなかなかないかと思います。
これはワンデーパス通常7400円を、4400円に割り引いてくれるものです。
家族を連れてや、デートなどにも使えるのでありがたいですね。

当たり前のように借り上げ社宅を用意してくれているのも本当にありがたいです。

福利厚生をこれだけ用意できるのも、企業利益を従業員に還元しようとしている取り組みがあるからと言えますね^^

また、貯蓄の面で便利なのが金利2%での財形貯蓄制度です。

今は銀行に預けても普通にATM手数料だけで金利分なんかプラスになるわけもなく、どんどん銀行の金は消えていく世の中ではありますが、薬剤師は仕事に忙しいので株などに投資するわけにもいきません。
そんな中で財形貯蓄として阪神調剤が代わりに運用してくれるのはありがたいですね。

子育て関連で象徴的なのは育休取得率が100%であるといことです。
これは本当にすごい数字ですね。
まだ幼いお子さんがいる薬剤師や、今後生まれる可能性のある場合は阪神調剤なら安心して働けるでしょうね^^

そして、薬剤師からの職場への評判、満足度がもろに出るのが、離職率の数字です。
入社直後3年間での離職率の数値ですが、厚生労働省の出しているデータで全国の企業の入社3年以内の離職率平均は32.3%で、阪神調剤薬局グループは12.9%となっています。
約9人に1人しか離職しないことからも、阪神調剤薬局の職場環境が良いことはわかりますね。

ただ、4年以上いないと昇進できない、転職するためのスキルがつかないのかも…?ともとれますね。
まあここはプラス思考でデータを受け止めて行きましょう。笑

ちなみに気になる年収は?

では、気になる年収についても見ていきましょう。
月給は薬剤師手当込みで30万円です。
そして1年目は夏に10万円、冬に30万円のボーナスが支給されるので、

30万円 × 12ヶ月 + 夏ボーナス10万 + 冬ボーナス30万 = 400万円

初年度は400万円を年収としてもらうことができます。

そして店長手当や店舗手当など手当も充実していて、昇進・昇給のためのキャリアパスもしっかりひかれています。
ちなみに毎年最低でも6000円の昇給となっています。

阪神調剤薬局では、入社から平均して4年で店長には昇進することができます。
店長になると手当は毎月2万円支給されるので、計算してみると新卒で阪神調剤に入社して4年後、28歳には年収は500万円には到達することができますね。

薬剤師の平均年収は35歳で550万円です。
阪神調剤は30歳手前で年収500万円を超えることができるので、しっかりと昇進していければ確実に平均よりも高収入になることができますね。

でも、年収1000万円は無理かもしれない

確かに、阪神調剤薬局はいい企業です。
福利厚生等もしっかりしていて、安定した基盤があって評判も良く非常に働きやすいですね。

しかし、給与の面でいうとある程度までは伸びるけど、大台の1000万近くまで上がるかというとそういうわけではありません。
給与を重視するのであれば、他の薬局も検討してみることをお勧めします。

というのも、人気な企業ほど給与は高くなりにくい傾向があるんですね。
その理由は、人気がない分、高い給与を提示することで薬剤師人材を集めようとしているからです。

調べてみると驚くような給与を提示している薬局がたくさんあることが分かるかと思います。
(もしアルバイトであれば週2回の出勤で毎月20-30万円ほど稼げる薬局があったりします。)

もし高い給与に魅力を感じるのであれば一度以下のリンクから見てみてください。
3分で終わる会員登録で、他では見れないこのサイト独自の非公開求人を見ることができますよ!

おすすめの記事

財務省の発表した社会保障の調剤報酬の大幅下げは薬剤師の給与にどう影響してくるか?

日経新聞や、テレビのニュースで調剤報酬の大幅引き下げの社会保障改革を18年度に実施するとの発表がありました。

2年に一度見直される社会保障の見直しですが、今回の見直しで2018年度から薬剤師や病院の社会保障の見直しで医師や薬剤師、介護関連で働く多くの人に影響が及ぶことが考えられます。

この改革は具体的にどのようなものなのか、また改革によって薬剤師の生活がどう変わるのか、どうなるのか、考察しました。

まずは、今回の財務省案の概要について紹介します。
今回の案は2018年度の予算編成での社会保障改革関連についての発表ですね。

薬剤師の調剤報酬の大幅引き下げや、入院への診療報酬を厳しく算定するしくみに改めるのが柱とのことで、2025年問題に代表される、高齢者の比率が多くなっていることに対して社会保障の分野での予算編成を大幅に改めることを発表しました。

その中で、値段の割に治療効果の低い薬の価格下げについても2018年に制度化するとのことで、来年にかけて薬剤業界の体系ががらっと変わる可能性を示唆しています。

具体的に社会保障改革で何がかわるのか?

費用対効果の低い薬として指定されているの薬は全体の3割程度とされていて、薬価引き下げに繋げるとのことです。

実は調剤薬局では多額な無駄が出ていると言われており、薬剤費や薬剤師の技術料にあたる調剤医療費はこの10年間で6割も増えているんですね。

今回の改定で、医療費増につながりやすかい重複投薬の防止などの役割を果たしていない薬局を中心に調剤報酬の大幅な引き下げとしてメスを入れることになるとのことです。

調剤薬局だけでなく、特に急性期病院で勤める病院薬剤師にもある程度の影響はありそうです。

ここでは患者向けの診療報酬が手厚くなりすぎている点が指摘されていて、これを正すために診療報酬の算定要件を従来よりも厳しく指定し、医療費の抑制につなげると発表されています。

上記の調剤報酬の引き下げや、急性期病院の適正化を2018年度に実施する方針でありますが、その一方で手厚い予算の配分を考えているのは在宅医療の分野です。

今後の高齢化に伴って、より良い社会保障の充実という観点から、無駄を省き、適切な所に配分していくことで社会保障の持続性を高めることを狙っています。

調剤報酬の引き下げによる薬剤師への影響は?

さて、気になる部分はここからですね。

簡単に結論を述べると、2018年の社会保障改革への対応を素早くできる大手であったり、より診療報酬の手厚い加算を見込める在宅医療分野での事業を行っている企業で働く薬剤師であればそんなに心配することはないでしょう。

しかし、対応が後手に回る可能性のある在宅医療分野に進出していない中小の調剤薬局を運営している企業では最悪給与が不安定になることや、ボーナスの削減などが起こる可能性があります。

今後の高齢化に備えてビジネスモデルを在宅医療向けに最適化してきた企業努力を行っている企業は生き残り、努力を怠っていたから経営が厳しくなる。

これは資本主義の社会の中ではごく当たり前のことなのですが、いち薬剤師がどうこうできる問題ではありませんね。

今は気づいていないだけで、勤めている薬局が沈みゆく船である可能性は大いにあります。
今はなんとかなっていても、2018年度の診療報酬改定にあわせて沈み始めるかもしれません。

今のうちに自分のスキルで他に働くことができる見込みのある職場を目星つけておくことは中小規模の薬局で働いている薬剤師も、同様に在宅医療分野に進出していない大手の調剤薬局に勤めている薬剤師にも必要になってきます。

いざ給与面などで歪みが見えてきたら家庭や生活を守るためにもすぐに転職できる職場を知っていると非常に有利です。

というのも、2018年度は社会保障改革の影響でかなりの薬剤師の転職が見込めるからです。
企業側の買い手市場になると考えられるので、準備を怠って後手に回ると最終的に転職前の職場よりも給与が下がる恐れがあるから

ですね。

早めに自分のスキル、職場の場所、年収などである程度目星をつけておくといいですね。

おすすめの記事

阪神調剤薬局で働く年収やキャリアプランを調べてみた

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回は阪神調剤薬局の給与や年収についての記事ですね^^
では見ていきましょう。

さっそく本題、阪神調剤薬局の年収はいくら!?

阪神調剤薬局で働く薬剤師の新卒初任給は給与は月27万円-30万円になっています。

この額は薬剤師手当を含めた額ですね^^

ちなみに基本給は22万円-25万円で、薬剤師手当は5万円となっています。

賞与・ボーナスはは3-4ヶ月ぶんとなっていますが、1年目のボーナスは夏10万円、冬40万円と決まっています。

ここまでしっかりと公表してくれてるのは安心ですね^^

ではある程度どのくらいかは分かったかと思いますが、気になる年収の方を見ていきましょう。
初年度の年収を計算してみると、、

30万円 × 12ヶ月 + 夏ボーナス10万 + 冬ボーナス30万 = 年収400万円

ですね。

さらに、阪神長薬局は手当をかなりの種類設けているので、手当を含めると初年度からまあまあな額になりそうです。

赴任手当に3.5万円出向手当が3万円店舗手当は10万円まで、店長手当が2万円、管理薬剤師だと1万円、他にも残業、単身赴任、通勤手当と様々手当がついてきますね。

大きな企業だからこその整った体制ですね^^

また、昇給に関しては毎年6000円以上と約束されています。

昇給は努力次第で毎年6000円以上上げていくことももちろん可能ですので、能力次第でかなり早い段階で基本給を上げていくこともできます。

うまく手当を組み合わせれば、20代で年収500万円達成も現実的ですね^^

阪神調剤薬局の年収はかなり高めに設定されていますね。

実際、阪神調剤薬局の年収は高いといえるのか?

阪神調剤薬局の年収モデルを見てきましたが、実際のところ他の薬局と比較しても高いと言えるのでしょうか?

実際に計算して確かめてみましょうか^^

薬剤師全体の平均年収は550万円と言われています(厚生労働省調べ)。

平均年収ですので、30代半ばから後半あたりで到達する年収です。

阪神調剤薬局は昇進スピードにも定評があります。

実際に、店長には平均で3-4年でなることができると公表されていますね^^

28歳での阪神調剤薬局の年収モデルを計算してみる

例えば、薬学部をストレートの24歳で卒業して、阪神調剤薬局に新卒入社していると想定します。

平均で3-4年間勤めると昇進するとのことなので、27-28歳には店長に昇進し、2万の手当を得ることができますね。

そして基本給も毎年最低6000円のアップは保証されているので、3-4年たった頃にはで1.8万-2.4万の基本給アップを達成しています。

そこに賞与として基本給の3-4ヶ月分も含めると27歳~28歳で年収はいくらくらいになっているでしょうか?

基本給25万円 + 1.8万~2.4万 × 15ヶ月~16ヶ月 + 薬剤師手当5万円 × 12ヶ月 + 店長手当2万円 × 12ヶ月

= 402万円 ~ 438.4万円 + 薬剤師手当60万円 + 店長手当24万円

=486万円 ~ 522.4万円

 

現実的に28歳で年収は500万円近くにはなりそうですね!

結構すごい額ですよね?

このまま昇進、昇給をしていけばかなり30代前半で確実に薬剤師の平均年収は超えてくるでしょう。

文系卒サラリーマンと比較してみる

では、趣向を変えて薬剤師ではなく文系のサラリーマンと比較してみるとどうでしょうか?

調べてみると、文系の人気企業のゲーム開発会社DeNAは初年度、22歳の時点で500万円もらえるんですね。。

こんなの高収入サラリーマンと比較してしまうと薬剤師業界全体が低水準なのかと思ってしまいますね。。

6年間勉強して資格まで取っているのに、資格もなにもない文系に年収で軽く負けてしまうのはくやしいですね・・。

年収を上げるための最短ルートとは?

阪神調剤薬局は薬剤師から非常に人気のある企業です。

しかし、実は年収を上げるという面でみると阪神調剤薬局は適しているとは言えないのです。

実は薬剤師業界では、人気のない企業ほど年収が高くなる場合があります。

なぜかというと、人が足りないくて今すぐにでも薬剤師が欲しいから、年収を高く設定してでも人材を欲しているからなんですね^^

例えば、少し郊外の駅からさらにバスに乗り継がなければたどり着かないところにある薬局では年収が1000万を超える場合もあるんです。

薬局は他の企業などと違って地域に根ざしているので、お客さんは近隣に住んでいる人になるので、田舎に店舗があっても客に困ることはありません。

客には困らなくても薬剤師が集まらずに困ることはよくあります。

こんな理由から人気のない薬局では年収を高く設定しているんです。

高年収を期待して転職するなら、人気のないところに行くのが吉です。

まずは1度調べてみることをおすすめします。

驚くほど高い年収を提示している薬局を見つけることができますよ^^

 

おすすめの記事

関西、神戸のフタツカ薬局の評判や口コミ、職場環境を調べてみた。

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回はフタツカ薬局の評判や職場環境についての記事ですね^^
では、いってみましょう。

『実際のところ評判はどうなの??』

本題の前に、軽くフタツカ薬局について紹介します。

フタツカ薬局は神戸、関西圏で大きな薬を核にした総合的な医療サービスを展開する企業です。
兵庫中心に、大阪、京都、滋賀などに店舗を展開しています。

セルフメディケーション事業で、オリジナルサプリの販売などもしていて、ビジネスモデル的にも1事業への依存が少なく、安定感がありますね^^

では、本題のフタツカ薬局の評判について見ていきましょう。

先に結論を述べると、文句なしの評判のいい企業ですね^^

フタツカ薬局はリソースにも余裕があるので、福利厚生や給料として従業員にしっかりと還元しています。

その最たるものが、住宅手当ての2-7万という太っ腹なところであったり、借り上げ社宅も選択できるという点ですね。

生活する上で大きな出費である家賃を補助してくれるのは本当に助かりますね。

教育制度や社会保険関連はもちろん、福利厚生サービスに加入している点も高評価です。

福利厚生サービスの『リロクラブ』は、ホテルリゾートや普段使いのカラオケや映画や、レストランなど幅広いジャンルを割引料金で利用できるサービスです。

フタツカ薬局のような大きな企業であるからこそ提供できる福利厚生ですね。

ちなみに給与はこのくらい

ちなみに年収や月給与についても触れておきますね^^

フタツカ薬局では、新卒薬剤師で285,000円、賞与・ボーナスは年2回あります。

ボーナスについては固定給の3-4ヶ月分が相場ですのでそれで計算してみると年収は427万~456万円になります。

中途勤務薬剤師の場合は、430万円~530万円、薬局長の場合は580万円~650万円となっています。

ここにさきほど紹介した福利厚生で住宅手当やらリロクラブやらが付帯されてくるので、かなりの充実度ですね。

職場環境、就業環境は良好ですね。

もしかして近所にあるからで職場決めようとしてる?

フタツカ薬局は関西、神戸を代表する薬局グループではありますが、もしやネットで求人を比較せずに近所にあるからであったり、有名だからといった理由で検討してはいませんか?

もしそうであれば、一度ネット求人を調べてみることをおすすめします。

例えばアルバイトなどであれば、近所の薬局では時給2300円だったのに、名前は知らないけど同じように近所の薬局では時給が3300円であったりと、同じような就業環境でも1000円ほど時給が違ってくることは簡単に起こり得ます。

というのも、名前の知られていない小規模な薬局では薬剤師が集まりにくいので、時給を高く設定して求人媒体の中で目立とうとするんですね。

ほら、あるじゃないですか、年収や時給とかで検索したりしますよね?3000円以上とかで 笑

人気のある大企業が運営する薬局などは総じて年収は並です。
というのも、やはり人気なのでわざわざ年収を高く設定しなくても人が集まるからなんですね。

もし時給で1000円高かくて、フルタイムで働くとすると年間でどのくらいの差がでると思いますか

1000円 × 8時間 × 240日 = 192万円

年間でなんと192万円もの差が生まれるんですね。

それだけあれば質素になら生活できてしまうほどですね笑
損をしないためにも、一度求人検索をしてみることは重要です。

僕のおすすめの、非公開な高額求人が多数掲載してある求人紹介サイトのリンクを下に貼っておくのでまずは一度のぞいてみるといいかと思います^^

 

無料登録して非公開求人を探す!

 

おすすめの記事

フタツカ薬局の年収や月収、手取りを調べてみた。

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、
おおきな企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……
なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回はフタツカ薬局の給与や年収についての記事ですね^^
では見ていきましょう。

さっそく本題、フタツカ薬局の年収は?

フタツカ薬局の月給は新卒薬剤師で285,000円、賞与は年2回あります。

公開されてはいませんが、固定給の3-4ヶ月分が相場ですのでそれで計算してみると年収は427万~456万円になります。

中途勤務薬剤師の場合は、430万円~530万円、薬局長の場合は580万円~650万円となっています。

すべて、薬剤師手当は含めた額になっていますが、他に管理薬剤師手当も、住宅手当も資格があれば付与されます。

ちなみに住宅手当は2万-7万円となっていますので、かなり助かりますね^^

社宅も整備されているので、住宅手当ではくて社宅を利用することで家賃を抑えることもできそうですね。

結構高い水準ですし、手当も豊富で給与面はかなり充実していると言えそうです。

そもそも普通の薬局ってどのくらい?

フタツカ薬局、かなり高年収を望めそうで良さそうですね。

では、客観的に他の薬局と比較するとどうなのでしょうか?

薬剤師の平均年収は550万円です(厚生労働省調べ)

これは平均ですので、年齢は30半ばから後半くらいになりますね。

フタツカ薬局であれば、普通に努めていればこの水準はクリアできそうです。

平均以上の年収は確実に得ることができるでしょう。

では、薬剤師業界から少し飛び出してIT系のDeNAの年収と比較してみます。

薬剤師になるためには6年間1000万円以上を学費として払うことで国家資格をとることろができますが、野球チームで有名なDeNAの社員になるにはマーチ以上の大学である程度優秀であれば入ることができます。

そんなDeNAの新卒年収は500万円です。。

え。500万??うそでしょ?
というか嘘だと思いたいですよね…。

確かに大企業ではありますが、圧倒的に薬剤師の方が学生時代に勉強時間をとっていますし、学費も払ってきています

先行投資の量では確実に薬剤師の方が優っているはずなのに、薬剤師であれば30代半ばで到達する年収水準にDeNAの社員であれば新卒2-3年目の25歳くらいには到達してしまうのです。

かなりショックですよね。

確かにフタツカ薬局の年収は高い方ではありますが、あくまで薬剤師の業界の中ではの話です。

井の中の蛙とまでは言いませんが、比較対象を広げてみるとショックな現実が見つかりました。

どうせだったらもうちょっとお金かせぎたい…

ですよね?

せっかく、時間とお金をかけて薬剤師になったのに、25歳とかそこらのIT系のサラリーマンに年収がおいつかないのは納得いきません。

なぜこのような差ができるのかと言うと、ビジネス的視点を持っているか持っていないかとの差だと僕は思います。

実はDeNAに入ることのできる学生は確かにある程度の学力はあるけれど、自分自信を希少価値のある人材にするのが得意な人が多いです。

ただ早慶卒であったりマーチ卒ではまずDeNAに入社することができません。

新卒で高い報酬で働くことのできる学生は周りが真面目に大学の講義を受けていたり、サークルやバイトリーダーをやっている時に、インターンで実務能力を高めています。

メガベンチャーであるDeNAでは、学力の高い学生よりも即戦力になる人を雇用したいと思っているので、ここでマッチングして内定をもらうことができるんですね。

ここで言うビジネス的視点とは、ビジネス実務の能力ではありません
いかに、希少な人材になることができるかという点ですね。

バイトや大学の講義をしている中で、インターンでごりごり社会人と同じ舞台で働いた経験があるのは、文系大学生の今の就職市場では希少な存在になってきます。

希少というと、それだけで需要があるんですね。

薬剤師も同様で、希少な人材になることで年収を1000万円におしあげることも可能になってきます。

では具体的にはどうすればいいのでしょうか?

薬剤師はスキルを磨いて希少な人材になれ

というのは多くのメディアであったり正統派の年収を押し上げる方法ですが、そんなことをしていてはずるずる歳を取っていきます。

40-50代で薬局長になって給与をあげることもできますが、なるべく若い段階で給与をあげれた方がいいに決まってます。

ではどのようにしてスキルを磨かずに希少な人材になればいいのでしょうか?

答えは簡単で、郊外で働くことです

実は、薬剤師の場合は神戸や関西の中心部よりも郊外の方が給与が高いんです。

人はどこにでも住んでいるので、全国に薬局があります。

しかし、人気のある薬局は市街地にありますよね。

必然的に郊外にある薬局に薬剤師は集まりづらくなってきます。

薬剤師が集まりづらいのに患者は多くいるのが郊外の現状です。

そもそも薬剤師の数が少ないので、働く場所を郊外に変えるだけで希少な人材になることができるんですね。

働く場所を薬剤師が少ない場所に変えるだけで、スキルを磨くことなく希少な人材になることができます。

実際に給与の高い求人を探してみると働く場所を変えることでどのくらい給与を上げることができるのか実感できるかと思いますので、試してみてください。

 

おすすめの記事

徳島のスマイル調剤薬局の評判や口コミ、職場環境を調べてみた

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、

大きな企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……

なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回はスマイル調剤薬局の評判や職場環境についての記事ですね^^
では、いってみましょう。

実際のところスマイル調剤薬局の評判はどうなの??

徳島では大きな調剤薬局グループのスマイル調剤薬局ですが、家庭と仕事のバランスが非常にとりやすい仕組みになっています。
というのも、スマイル調剤薬局が企業内に保育園を運営しているのですね。

保育園があることで、子供が小さい時でも安心して仕事をすることができます。

2008年から託児所として運営していたものを、2016年に徳島市の認可保育園として開園し、現在では保育園として運営しています。

スマイル調剤薬局で育児休暇をとっていた薬剤師のほとんどが育児休暇満了後はスマイル保育園に子供を預けて職場復帰しているということなので、小さなお子さんがいても安心して仕事ができますね^^

保育士もスマイル調剤薬局で雇用している正社員ですので、安心して預けることができます。

働いている薬剤師からの評判も良好ですね。

福利厚生はどんなのがそろっているのか?

19店舗の運営をしているアットホームな職場環境であるスマイル調剤薬局ですが、福利厚生には大きな企業とまではいきませんが力を入れています。

やはり保育園を運営していることもあって、育児休暇育児短時間勤務などの育児関連の福祉構成は揃っていますね^^

忘年会はもちろん、社員旅行があるのがスマイル調剤薬局らしい福利厚生制度です。

各種保険制度も当たり前ですが、加入できます。

ちなみに給与はどのくらい?

月収、年収として額面で公表されている額は、それぞれ月給は26万円、年収は384万円です。

これは新卒時の給与ではありますが、薬剤師業界全体と比較すると若干低い水準になります。

順調に昇給しても、年収700万円くらいを目指すのであれば、かなり時間がかかるか、もしくは到達は厳しいかもしれませんね。。

もし、アットホームな職場であるとか、小さなお子さんがいて子育てをしながら薬剤師として仕事をしていきたいのであればおすすめですが、高い報酬が欲しいのであれば他の調剤薬局などを検討した方がいいかもしれませんね^^

もしかして近所にあるからで職場決めようとしてる?

もし、近所にあるからと勤め先の薬局を決めようとしているのであればもう少し検討し直した方がいいですよ。

なぜかと言うと、店頭に表記してある就労環境とネットに掲載してある就労環境は異なる可能性があるというからです。

実際にネットから検索してみると、『時給が200円違った』であったり、『知らなかったけど近所に時給が500円も違う調剤薬局があった』ということになりがちです。

もし時給が500円違うと、フルタイムで働いていれば年間で100万円もの差になります。

損をしないためにも一度ネットで求人を探してみることをおすすめます。

 

あなたにおすすめの記事

徳島のスマイル調剤薬局の薬剤師の年収や給与、手取りを調べてみた!

はい、どうも

いろんな薬局あるけど、職場環境とかも調べても出てこないし、でかい企業のやってるまとめサイトみたいのは情報薄いし……

なんてことがよくあったので、せっかくだったので色々調べてまとめてみましたってのが当記事になります。

今回はスマイル調剤薬局グループの給与や年収についての記事ですね^^

では見ていきましょう。

スマイル調剤薬局とは?

知っている方は飛ばし読みでおっけーですが、一応簡単にどんな企業なのか軽くさらっておきますね。

スマイル調剤薬局は徳島県に19店舗の薬局を運営している企業ですね。

『健康の笑顔 = スマイル』を届けることを理念としているためスマイル調剤薬局という名前になっています。

19店舗と大きな規模の企業ではないので、アットホームな職場環境が特徴ですね。

また、保育園も運営していたりと、子育てをしながら働く薬剤師にとっては非常に働きやすい環境となっていますね。

具体的な職場環境については、また別記事で解説していきます。

と、こんなところで早速本題に移っていきましょう。

さっそく本題、スマイル調剤薬局の年収はいくら!

早速いきましょう。

新卒の基本給与は24万円になります。

そこに、2万円の薬剤師手当他、諸手当が付与されていきます。

ほとんどの薬剤師のスタートは26万円ですね。

また、遠隔からの場合はそこに多少の手当がつきます。

ちなみに中途での管理薬剤師での勤務であれば手当としてさらに3万円が付与されます。

賞与・ボーナスは前年実績だと3ヶ月分の支給になっています。

基本給の24万円の3ヶ月分ですと、72万円ですね。

ボーナスが3ヶ月分しっかり出たとして、想定される年収は

基本給12ヶ月分と薬剤師手当、3ヶ月分ボーナスになりますので384万円となりますね。

どうでしょうか?

これは額面ですので、さらに手取り額として計算してみると

約295万円が手取り額になります。

ボーナスも含めて計算していますが、これを月割りにした額が毎月自由に使えるお金になりますね。

月給手取り額は24.5万円になります。

どうですかね?

ぼく個人的には少し少ないような気がしてしまいます^^;

では実際のところ、他の薬局等と比較するとどうなのでしょうか?

そもそも普通の薬局ってどのくらい?

そもそも他の薬局の年収や給与ってどのくらいが平均なんでしょうか?

実は、薬剤師の平均年収は550万円になっています(厚生労働省しらべ)。

スマイル調剤薬局のはじめの年収は384万円ですが、550万円にまで到達するにはなかなか時間がかかりそうです…。

管理薬剤師になっても毎月3万円の支給ですので、1年間でも36万円しか増えません。

このくらいの増え方であればさっさと転職してしまった方が年収を上げるには良い方法かもしれませんね…。

せっかく時間とお金をかけて薬剤師の資格をとってもこれだと少し勿体ないな〜と思ってしまいます…。

どうせだったらもうちょっとお金かせぎたい…

ですよね。

実は、方法はあるんです。

どうせダブルワークとか資格とかじゃないの?と思いますよね。笑

もっと簡単に、来週から年収換算で一気に100万円あげることも可能な方法です。

なんだかこう書くとめちゃくちゃ胡散臭いですね。笑

さっきも少し触れましたが、その方法とは転職をすることなんですね。

今現在転職を考えていてスマイル調剤薬局を検討していたのであれば、早まらずにもう少し考えた方が良さそうです。

ちゃんと求人を探せば、スマイル調剤薬局よりも時給で500円~1000円高い職場なんてたくさん見つかります。

もし500円だけでも高い職場を見つけることができれば、フルタイムで働くなら

 

500円 × 8時間 × 240日 = 96万円

ということで約100万円の年収アップが可能なんですね。

これがさきほど示した来週から年収で100万アップさせる方法です。

資格をとったり、長く勤めて昇給を狙うよりも現実的ですよね?

まずは高額求人がたくさん掲載されているサイトのリンクを下に貼っておくので見てみてください。

年収をあげたいのであれば、職場を変えることが一番手っ取り早いです。

これに関しては人気な求人がなくならない内にさっさと一歩目を踏み出すことが重要ですね。

3分で登録してすぐに求人情報を見ることができるので、以下から覗いてみましょう。