千葉薬品ヤックスドラッグの薬剤師の年収や給与、待遇を調べてみた

はいどうもこんにちは。

いろんな薬局や調剤薬局があるなか、どんな職場なんだろうと思って調べてみてもなかなか情報が出てこなかったりしますよね。

大きい企業がやっている情報まとめサイトみたいなのは情報が薄いし、、

なんてことが僕自身よくあったので、せっかくだったので色々調べて残しておこうと思いこの記事を書いています。

今回は千葉薬品のヤックスドラッグの給与形態や年収などについて調べてみました!

ではいってみましょう。

さっそく本題、千葉薬品ヤックスの年収はいくら?

年収は400万~550万くらいですね。

月給が301,000円からスタートで、賞与が年2回となっていますね。

勤務日数が平均して240日くらいで、1日8時間の勤務とするとの時給で2000円~2800円になります。

平均年収が500万くらいで、平均年齢が38歳なのでたいたい40歳になると550万~600万にまで年収が到達することができます。

そもそも普通の薬局ってどのくらい?

どうですか、これ。

千葉薬品の給与は多く感じますか?少なく感じますか?

実際、このくらい給料をもらうのって実は薬剤師の中では一般的ですよね。

薬剤師の平均給与は550万円と言われているので、特に高いとも低いとも言えず、どっちかというと少し低いかなーって水準ですね。

薬剤師業界のみで考えると、まあ普通くらいの水準ですが、一般的な企業と比較すると社会の中でどのくらいの水準なのかわかってきますね。

特に、薬剤師は6年間勉強して、きっちり高額な学費も納めてきているので、ある程度社会的に高水準でないと納得行きませんね。

僕は個人的にはマーチくらいの文系とかの学生と比較して高くないと納得いきませんね^^笑

適当に飲みサーとかで遊びばかりで学生生活を過ごしてバイトざんまいでまともに学校に行かない人がほとんどですからね…^^笑

別に恨みがあるわけでもないんですが、努力量が違うというかなんというか…

真面目が馬鹿をみるってのはいいことではないですよね。

自分が傍観者であればまだいいですが、当人であればいいわけないです。。

とまあ前置きは置いといて、実際一般的な企業と比べるとどうなんでしょうか?

一般的と言っても、中小などの規模の小さい企業とは比較しません。

ある一部上場など、規模が大きい企業と比較してみます。

マーチや早慶の学生に人気のある野球チームも持っているDeNAや使っている人も多いのではないでしょうか、楽天市場の楽天の給料を見てみます。

DeNAはなんと、新卒から年俸制で500万円スタートです..。

楽天はというと、初任給は30万とかなり高水準ですが、昇給も早く20代後半では550万~700万程度とかなりのスピードで昇級していきます…。

薬剤師をやっていると、どんどん世界が狭まってしまう気がしています。

少し外に視野を広げてみると、20代でも700万くらい稼げる仕事があることに気づいて辛くなったりしますが、井の中の蛙にならずに済むと思って僕の場合は少し安心したります…^^

どうせだったらもうちょっとお金かせぎたい…

薬剤師になるのは大変だったしお金もかなり使ったんだから、元をしっかりとらないといけないし、どうせならなるべくがっつり稼ぎたいところです。。

せっかく時間もお金も投資して資格を手に入れたのに、狭い世界ばかりを見て自分の年収の上限を職場の先輩とかを基準に決めてしまうのは非常にもったいないです。

では薬剤師としてどのようにすれば現状よりも稼げるのか?ということですよね。

実はすごく簡単で、少し視点を変えるだけでスキルアップをしたり、仕事を増やしたりしなくても年収をあげることが可能なんです。

人気のあるところよちも穴場を狙え!!

実は人気のある職場よりも不人気な職場の方が年収が高かったりします。

それはなぜか?

人気な職場では薬剤師が足りていて需要が少ないのに対して、不人気な職場では薬剤師が足りていないので、需要がとてもあります。

ということは、なんとかして高い給料を出してでも薬剤師を確保したいということなんですね。

不人気な理由は様々で、ただたんに職場環境がブラックな場合もありますが、その多くが立地が問題である場合がほとんどです。

電車の駅からバスにのらないとつかない場所であったり、車でないと出勤しづらい場合などに理由があります。

出勤しづらい場所であっても、住宅地はあるのでもちろん人は住んでいます。

そういった辺境の地にある薬局であってももちろん患者さんもいるわけで、薬局の店舗を経営する上では薬剤師不足大きな問題になってきます。

実は、このような薬剤師が足りていない調剤薬局などでは給与が時給換算で5000円以上出すこともあるんですね。

時給5000円というとどのくらいかというと、年間240日勤務で毎日8時間働くと、年収がなんと960万円になるんです。

少し働く環境を変えるだけでもスキルは同じでもこんなにも年収が離れることがあるのが薬剤師業界の面白いところです。

近所の見たことある薬局ばかり見てませんか?

千葉薬品のヤックスドラッグが近所にあったから検討をしているんですかね?

もしそうなら、もう一度検討し直すことをおすすめします。

今求人はネットで本当に多くの求人を見ることができます。

もし、まだネットで求人を探していないのであればもしかしたら千葉薬品で働くよりもかなりいい条件で働くことができる職場が見つかるかもしれません。

時給で500円違うと、年収で約100万円ほどの違いになってきます。

みすみす100万円を得られなくなるかもしれない状況にいることをもう一度再確認してほしいです。

薬剤師は本当に適当に近場で職場を決めてしまったりするので自分の市場価値を確認してもう一度検討しなおして見てください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう